Vespa Primavera 125

 

ベスパ プリマベーラ125  

販売終了 
メーカー希望小売価格 ¥428,000-(税込) 

1968年に発表され、ベスパの歴史の中で、もっとも長く愛されるモデルのひとつとなった
「Primavera」の名を継承したモデル。またヘルメットインスペース、フロントの小物入れなど
のユーティリティも充実され、エレガントなデザインとスクーターとしての高い機能性を高
次元で両立しました。 
Primaveraは、環境性能と燃費性能が優れた125ccエンジンが搭載されてます。
 
 
優美なイタリアンデザインエッセンスとVespaスピリットの融合。エンボス加工を施したフロントシールド中央部などにクラッシックなベスパらしいデザイン要素を取り入れつつ、ボディラインに反射する光までも計算することで、現代的な雰囲気をまとわせています。
シート形状がモデルチェンジを重ねる毎に立体造形になってきているので、三角さが増してます。跨った時の第一印象はET4やLXに比べ硬めですが足が下しやすい感じです。
刷新された新型メーターですが、新しい中にもレトロな雰囲気の漂うスピードメーター。
歴代モデルET3 PrimaveraやVespa125Primaveraを意識した扇型のデザイン。バックライトが水色に光るマルチディスプレイには、これまでLXシリーズになかった装備としてトリップメーター(ツイン)機能が新設されてます。
片持ちリンクアーム油圧式サスペンションと200mmシングルブレーキディスク
嬉しい装備として、プリマベーラ日本仕様にはサイドスタンドが標準装備となります。跳ね上げ(オートリターン)でなく、国産モデル同様、サイドスタンドスイッチが付いてますので、車体を真っ直ぐに起こしてもスタンドは解除されません。サイドスタンドを使用した状態ではエンジンがかからないシステムになってます。
シート下の収納スペースはフルフェイスが一個収納可能です。底部にはカーペットのようなモノが敷かれ、LXの頃よりも豪華さが増しております。
さらに特筆したいのがシートの蝶番。スプリングが付いたタイプに変更されているので、シートOPEN時、風や反動でバタンと閉まってしまう心配がありません
カラーバリエーション

●バルカンブラック 
●モンテホワイト
●ドラゴンレッド 
●ミッドナイトブルー 
●クレテセネージ・ブラウン
●マレキアーロブルー 
 
 
Vespa Primavera125 
エンジン4 ストローク 空冷単気筒SOHC 3バルブ
総排気量 124.5cc
ボア / ストローク 52mm / 58.6mm
最大出力 9.6HP(7.2kW)/7,750rpm  
最大トルク 9,5Nm / 6,000rpm
燃料供給方式 電子制御燃料噴射システム(PFI) 
始動方式 セルフ式
トランスミッション 自動無段階減変速(CVT)自動遠心クラッチ
フレーム スチールモノコックボディー
サスペンション (前)片持ちリンクアーム油圧式サスペンション
 (後)プリロードアジャスタブルデュアルアクション油圧式モノショック
ブレーキ (前)油圧式 200mm ディスクブレーキABS搭載
 (後)機械式 140mm  ドラムブレーキ
タイヤ (前)110/70 – 11″ (後)120/70 – 11″
全長/全幅 1,852mm/680mm
シート高 780mm
ホイールベース 1,334mm
燃料タンク容量 8,5リットル
 
上記諸元表は、2015年8月輸入元発表のデーターです。
仕様、カラー、価格は予告無く変更される場合がございます。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加