Vespa Primavera 125ABS/50

 

PRIMAVERA 

車両本体価格

Primavera 125 ABS ¥459,000 (消費税8%込)

Primavera 125 ABS 2017年後期の車体とシート色のラインナップ


 

Primavera 50 販売終了 ¥349,000 (消費税8%込)

1968年に発表され、ベスパの歴史の中で、もっとも長く愛されるモデルのひとつとなった「Primavera」の名を継承したモデルです。

  • 2013年に発売し瞬く間に完売したベスパブランドの最上級モデルである「Vespa 946」のデザインエッセンスを随所に継承したモデルとなっております。
  • またヘルメットインスペース、フロントの小物入れなどのユーティリティも充実し、エレガントなデザインとスクーターとしての高い機能性を高次元で両立しました。 
  • このPrimaveraは、環境性能と燃費性能が優れた125ccエンジンと、普通自動車免許でも運転が可能な50ccエンジンがお選びいただけます。

Primavera 125 ABSは4ストローク空冷単気筒SOHC 3バルブ i-Get エンジンを搭載し、環境への配慮を高め燃費効率と排出ガス性能が向上しました。また、Primavera 125 ABSのフロントブレーキには新たにABSシステムを備え、右ブレーキレバーを引いた時にフロントホイールに対して作動します。

Primavera 50は、125ccバージョンと同サイズのボディに2ストローク空冷単気筒エンジンを搭載した、プレミアムなイタリアンスクーターです。クラスを超えた贅沢なサスペンションやブレーキを装備し、安定した乗り心地と、パワフルで軽快な走りを実現しています


Primavera主要諸元 ※[ ]内は50ccエンジン搭載車

ENGINE
エンジン:4ストローク 空冷単気筒SOHC 3バルブ [2ストローク 空冷単気筒クランクケースリードバルブ]
総排気量:124.5cc [49cc]
ボア / ストローク:52mm / 58.6mm [40mm / 39.3mm]
最大出力:10.6HP(7.9kW)/7,700rpm [NA]
最大トルク:10.4Nm / 6,000rpm [NA]
燃料供給方式:電子制御燃料噴射システム(PFI) [キャブレター]
始動方式:セルフ式 [セルフ式 + キック式]
トランスミッション:自動無段階減変速(CVT)
クラッチ:自動遠心クラッチ
 
VEHICLE
フレーム:スチールモノコックボディー
サスペンション(前):片持ちリンクアーム油圧式サスペンション
サスペンション(後):プリロードアジャスタブルデュアルアクション油圧式モノショックサスペンション [油圧式モノショックサスペンション]
ブレーキ(前):油圧式 200mm ディスクブレーキ ABS搭載 (Primavera 125 ABSのみ)
ブレーキ(後):機械式 140mm [110mm] ドラムブレーキ
タイヤ(前):110/70 – 12″ (後):120/70 – 12″
 
DIMENSIONS
全長/全幅:1,852mm[1,860mm]/680mm
ホイールベース:1,334mm [1,340mm]
シート高:790mm
燃料タンク容量:9リットル[7リットル]
 
※[ ]内は50ccエンジン搭載車

上記諸元表は、発売当時の輸入元発表メーカー発表の物です。
カラー、価格は予告無く変更される場合がございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加