CR-1 コーティング

車両購入時のコーティングがお得です!

 

CR-1は、大切なバイクをガラス被膜で守るコーティング!
バイクと付き合っていく上で避けて通れないのがメンテナンス。「良い外観を保ちたい」という欲求は全てのユーザーに共通していますが、想いに相反した格好でメンテナンスの手間が増えてくるのもまた事実です。そう言った一連の煩わしさからユーザーを開放し、ひとまわり強くなった愛車とともに新しいバイクライフを見出していただく。このようなコンセプトのもと、CR-1は開発されたガラスコーティングです。

 

2017y01m27d_163041079

 【効果1】高硬度(3.2GPa・9H)のガラス被膜で「深い輝き」と「高い耐傷性」を発揮

「パーヒドロポリシラザン」という特殊コーティング剤を車体に塗布し、クリア塗装以上に強固な ガラス被膜を表面に形成します。結果、表面が平滑になる事で乱反射が少なくなり、新車時の落ち着いた色ツヤを取り戻します。 耐候性に優れており、紫外線から塗装面をがっちりガード、色あせを防ぎます。高硬度のガラス被膜のお陰でキズが入る事も非常に少なくなるので、タンクやカウルの洗車傷もつきにくくなります。(ヘアーライン等の小キズが付きますので、砂を噛んだスポンジや、粗悪なタオルでは洗車しないでください)

 

 【効果2】0.1~0.2ミクロンの被膜が汚れの固着を防止

 ガラス被膜の上に汚れが乗る格好になり、直接塗装と接しない為、固着しにくくなります。結果、ブレーキダストや泥汚れ等は「水洗い」で簡単に落とす事が出来、油汚れはパーツクリーナーで 擦らず落とせるようになります。1200度以上の耐熱性があるため、エンジンやマフラー等の 高温部にコーティング可能。手が入りにくい部分のメンテナンスも楽になります。ヘルメット に施工すれば虫が取れやすくなります。

 

【効果2】0.1~0.2ミクロンの被膜が汚れの固着を防止

ガラス被膜の上に汚れが乗る格好になり、直接塗装と接しない為、固着しにくくなります。結果、ブレーキダストや泥汚れ等は「水洗い」で簡単に落とす事が出来、油汚れはパーツクリーナーで 擦らず落とせるようになります。1200度以上の耐熱性があるため、エンジンやマフラー等の 高温部にもコーティング可能。手が入りにくい部分のメンテナンスも楽になります。ヘルメット に施工すれば虫が取れやすくなります。

 

 【効果3】10年持続の完全無機質被膜が腐食を抑制

 物理的に削り落とすか、化学薬品で剥離する以外被膜自体はなくなる事が無く、経年変化は殆ど ありません。よって、良い状態を長い間保つ事ができます。
 (個体差もありますが無垢の金属部品のサビ発生を完全に止めることはできません)
 
 
料金表はこちらをクリックして下さい。

 


ヘルメットコーティング (艶消しヘルメット施工の説明は上の写真をクリック)
 汚れやすいヘルメットこそ防汚被膜がおすすめ!

ヘルメットコーティング
街中を一日中走っていると、排気ガスの煤煙でヘルメットが汚れてきます。 「シールドは拭いたりするが、ヘルメット本体は使いっぱなしでそのまま」という方が多いようです。
 放っておくと、汚れも固着するので、いざ掃除しようにも、なかなか思うように綺麗になりません。

CR-1をヘルメットに施工すれば、煤煙などの汚れが付きずらく落としやすくなります。

CR-1の説明は左の写真をクリックして下さい。

 


施工料金等、説明は写真をクリックして下さい。

綺麗なカーボンパーツにカスタムする・・・黒く引き締まったバイクは本当にカッコいいですよね。しかし日焼けによる変色で、見栄えが悪くなってしまう事がよくあります。そこで、UVカット剤を配合したコーティング剤「CR-1UV」を新開発いたしました。劣化してしまったカーボンサイレンサーやカウルを、新品のような黒さに復活して、長期間保護します。高価なパーツだけに簡単には取り替えられずあきらめていたユーザーにおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加